小堀馨子のブログ

古代ローマ宗教研究者でロンドン大学にて博士論文執筆中の小堀馨子のブログです。
<< ルクレティウス徒然 (4月2日) | main | 久しぶりに (5月1日) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -



拙監修本第二巻が発売になりました (4月30日)
おてんき

私が監修者として名を連ねている本

さかもと未明著
「マンガ ローマ帝国の歴史2 アウグストゥス、揺るぎなき帝国の礎 」



http://www.amazon.co.jp/dp/4062139804/ref=pd_sim_b_1_img/249-1682980-3785966?ie=UTF8&qid=1177971953&sr=1-1


が、四月下旬に発売になりました。

アマゾン・アフィリエイトに参加しているので、
買ってみたいと思われた方は、上記のリンクから買って頂けると嬉しいです。

史実に沿うようにと心がけたつもりではございますが、
古代史関係の方の目には、色々と遺漏もございましょう。
しかし、どうかその点にはお目こぼし頂いて、読み物として楽しんで頂ければ幸いです。


kutsulog ← この記事を読んでよかったと思われたら、ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


古典古代史&西洋古典&古代地中海世界にトラックバックしています。
Powered by TrackbackPeople

| 【お知らせ】 | 23:33 | comments(2) | trackbacks(0)



スポンサーサイト
| - | 23:33 | - | -



コメント
Graceさん、お久しぶりです。

監修本の出版ということ、おめでとうございます!
ローマ史は自分も好きで、主を知る前に勉強しました。インフラのコンセプトや、戦争=物流と捉える視点など、興味が尽きません。

しかし考えてみると、激動の時代の一番面白いところ(ユリウス・カエサル〜アウグストゥス〜タイベリゥス)が、キリスト&パウロさんの時代とかぶってるんですよね…。聖書を学ぶ上で、その時代背景を知ることは、更に深く、豊かな理解につながるものと思います。

博論もあり、ご多用中のことと思いますが、ご自愛してがんばってくださいね。また遊びに来ます。

ごとう ひでたか 拝
| ごとう ひでたか | 2007/05/04 9:06 PM |
★ごとう ひでたかさん

コメント&お励まし、ありがとうございます。
お返事が遅くなってしまってごめんなさい。

おっしゃる通り、イエスの生涯&パウロの活動期と、アウグストゥス以降のローマ皇帝の時期とは微妙に絡み合っているのですよね。

そこを織り込んで頂くようにお願いして、そうして頂けたので、
原始キリスト教の背景となる世界に興味がある方にも
楽しく読んで頂ければよいなあ、と私も思っています。

更新が不定期ですが、これからもよろしくお願いします♪
| 馨子 | 2007/05/22 10:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LICENSE
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
LINKS
タグ検索
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
古代ローマの来世観
古代ローマの来世観 (JUGEMレビュー »)
フランツ・ヴァレリ・マリ キュモン
RECOMMEND
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上)
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上) (JUGEMレビュー »)
キース・ホプキンズ,小堀 馨子,中西 恭子,本村 凌二
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
提携サイト


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
小堀馨子の他の運営サイト
カウンター
あなたは累計
人目の訪問者です。

(本日は番目のアクセスです。 また昨日は人のご来場者がありました)

SPONSORED LINKS
モバイル
qrcode
PROFILE