小堀馨子のブログ

古代ローマ宗教研究者でロンドン大学にて博士論文執筆中の小堀馨子のブログです。
<< この度突然ですが、本帰国することにいたしました。 (4月1日) | main | 拙監修本第二巻が発売になりました (4月30日) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -



ルクレティウス徒然 (4月2日)
おてんき

昨日は、エイプリルフール記事をアップしたが、単純にお楽しみ頂けたことを願っている。

最近は、博論の一環で、Lucretius の religio 観を洗っている。

彼は、religio と superstitio との間に区別を設けず、当時の用法でもこれは superstitio を使うのではないか、という文脈でも religio を使っている。つまり、彼は、神々に敬意を払って儀礼を執り行うことは、人間を束縛するものであり、ナンセンスであると考えている。彼はエピクロス派の哲学の礼賛者である。神々は人間に警告を発したりしない、全ては自然現象である、という思想は、西欧現代化された人々にとっては、耳障りのよい思想かもしれない。

しかし、自分は、個人的にはルクレティウスの発想が余り好きではない。研究者だから好き嫌いを言うべきではないのはわかっている。好きも嫌いもなく、冷徹に対象にアプローチして行かねばならない。しかし、このように私的な発言が許されるブログという場でだから言うが、私は彼の思想が好きではない。「好きこそ物の上手なれ」と言うが、好きでないものは、好きなものに比べて、理解の度合いが落ちるのは確かである。尤も、「好き」で思い入れが激しすぎて誤読を犯してしまうのも本末転倒ではあるが、実は結構よくある話でもある。

第一章は、一月には一月下旬までに、二月には二月下旬までに、三月には三月下旬までに書きあがっているはずだった(笑) しかし、四月に入ったが、ようやっとルクレティウスのパートを書き始めたばかりだ。あとはカエサルという難物が待っている。ただ、カエサルは religio に関しては、ルクレティウスほど厄介な思想の持ち主ではないのが救いだ。あとはサルスティウスとネポス、これは数がそんなに多くないからよい。早く、ルクレティウスを料理して、第二節を仕上げ、第三節に移りたいものだ。少なくとも三日以内に第二節を書き上げ、イースター前には第三節のキケロに取り掛かりたいものだ。


kutsulog ← この記事を読んでよかったと思われたら、ぽちっと押して頂けると嬉しいです。

| 研究関連エッセー | 09:53 | comments(4) | trackbacks(0)



スポンサーサイト
| - | 09:53 | - | -



コメント
サルスティウスと聞くとユリアヌスの取り巻きのSaloustiosかと思ひましたが、4世紀のギリシア語の著作ではないだらうし、シーザーの友人のC.Sallustiusのことなのですね
| あがるま | 2007/04/22 8:13 PM |
★あがるまさん
そうです。カエサルの友人の歴史家の方です。
逆に、私は帝政期後期は全く不案内なものですから、
そういう名前の方がユリアヌスの取り巻きにいたということは、
初めて知りました。 ご紹介ありがとうございました♪
| 馨子 | 2007/05/01 6:28 AM |
宗教ならG.マレーの『ギリシア宗教の5段階』で有名になつたサルスティウスの方がより関係ありさうに思へたからです。

でもガイウス・Sにreligioに関係した言葉は出てくるのでせうか?ネットLatinLibraryで見ると、我々の祖先と云ふ『最も〈敬虔〉な死者』(カティリナ)とか、兵士は『雨を〈予兆〉より以上のものと思つた』(ユグルタ戦記)と云ふ2個所だけのやうですが。

『神と世界について』のマレーの翻訳はhttp://www.geocities.com/SoHo/2923/sallustius1.html
原文は
http://www.ysee.gr/download/saloustios.pdf
にありました。
| あがるま | 2007/05/01 10:14 PM |
★あがるまさん

お返事が遅くなって済みません。
ご紹介、ありがとうございました。

Sallustiusには、もう一箇所あります。
The Histories (Historiarum reliquiae)の 3.92 ですね。
 

| 馨子 | 2007/05/22 10:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LICENSE
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
LINKS
タグ検索
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
古代ローマの来世観
古代ローマの来世観 (JUGEMレビュー »)
フランツ・ヴァレリ・マリ キュモン
RECOMMEND
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上)
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上) (JUGEMレビュー »)
キース・ホプキンズ,小堀 馨子,中西 恭子,本村 凌二
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
提携サイト


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
小堀馨子の他の運営サイト
カウンター
あなたは累計
人目の訪問者です。

(本日は番目のアクセスです。 また昨日は人のご来場者がありました)

SPONSORED LINKS
モバイル
qrcode
PROFILE