小堀馨子のブログ

古代ローマ宗教研究者でロンドン大学にて博士論文執筆中の小堀馨子のブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -



ニュース「ダ・ヴィンチ・コード盗作?」について
「ダ・ヴィンチ・コードは盗作」と提訴=出版差し止めの可能性も

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060228-00000000-jij-ent

【ロンドン27日】世界的ベストセラーとなった米作家ダン・ブラウン氏の小説「ダ・ヴィンチ・コード」は、自分たちの著書からアイディアを盗用しているとして、歴史学者2人がロンドンの裁判所に提訴し、公判が27日に始まった。
 訴えたのは、ヘンリー・リンカーン氏とともに1982年に「聖なる血と聖杯」を著したマイケル・ベイジェント、リチャード・リーの両氏。2人は「ダ・ヴィンチ・コード」の多くの部分は、「聖なる血と聖杯」を参考に書かれていると主張し、発行元の出版社ランダムハウスを訴えた。
(以下略)
とのことだが、さもありなんと思った。

このマイケル・ベイジェント、及び、リチャード・リーの両氏は、彼らが申し立てた「聖なる血と聖杯」のみならず、「死海文書の謎」においても、「イエスは十字架上で死なずに生き延びて結婚した」系の主張を繰り返し陳べている、いわば聖書学界では曰くつきの学者である。自分は「死海文書の謎」はかつて読んだが、「聖なる血と聖杯」(邦題「レンヌ=ル=シャトーの謎―イエスの血脈と聖杯伝説」)も「ダ・ヴィンチ・コード」もまだ読んでいないから、ここで彼らの訴訟の是非を直接的に論じる資格はない。

Bagent


The Original Jesusしかし、この「ダ・ヴィンチ・コード」や「死海文書の謎」などに留まらず、「イエスは十字架上で死なずに生き延びた」や「イエスはマグダラのマリアと結婚していた」という説は、何も新奇に二十一世紀に出現したものではない。この説は十八世紀以来の伝統ある「トンデモ」学説である。この脈々たる「トンデモ」学説の系譜に関しては、「イエスは仏教徒だった?」所収の拙解題論文に記してあるので、詳しくはそちらを参照して頂きたい。とにかくこの「トンデモ」学説の伝統の根強いことと言えば、ドイツ啓蒙主義の時代に萌芽して、ロマン主義の時代に爛漫と咲き誇り、現代になお繰り返してこうした結実を絶えず生み出しているのであるから、いかにも敬服に値する力強さを感じないだろうか。


この手の本で、日本でも翻訳されて、(翻訳に対する)賞まで貰ってしまった著作としては、ご記憶の方も多いだろうが、「イエスのミステリー」がある。この本の著者も、「イエスは十字架刑を生き延びてマグダラのマリアと結婚した」という古くて新しい「トンデモ」説文脈に立脚しており、そういった意味で新奇な点はなかった。(ヨハネ福音書の年代に関して、新しい説を提示していたが、それとて聖書学の立場からは難なく論破されるものであった。)


勿論、これらの「トンデモ」学説が、「我こそは教会が隠蔽してきた真実の歴史を解き明かすものなり」と鼻息も荒く語る背景には、皮肉にもプロテスタントの聖書回帰運動に端を発し、啓蒙主義以降に発達した聖書学が、次々と外典・偽典の存在を明らかにし、学問的に解明していった成果があったと言える。この成果と、既存の教会制度及び教会の権威に疑問を抱く知識人達のニーズとがマッチして、それが学問の範囲内では、守られていた資料の正当性と時代性とが無視され、ある種の言説を鼓吹する材料として利用されてしまう結果になったのだ。

なお、「イエスがマグダラのマリアと結婚していた」ということを「におわせる」ような素材自体は、実際に存在する。例えば、日本でも翻訳が出ている「ナグ・ハマディ文書」にもこの手の言説は散見される。それが何故に異端とされているか考えたい立場(教会の側に多い)と、それが異端とされてきたのは権威による弾圧があったからであるという立場(反権威的アカデミズム知識人の側に多い)との抗争は、永遠に終わることのないいたちごっこであろう。そして、今後も上記のような「ダ・ヴィンチ・コード」や「イエスのミステリー」と言った系統の言説は、この抗争の中で似たようなものが絶えず新たに生まれては消えてゆくことだろう。

ちなみに、「ダ・ヴィンチ・コード」に関しては、近々映画化されることになっており、その映画配給会社が専門家による「反論サイト」を設立したという。

http://patiotalk.jp/archives/03_media/The_Da_Vinci_Challenge.php

映画配給会社のColumbia Picturesでは、映画「ダ・ヴィンチ・コード」が5月19日にアメリカで公開されれば、世界中のカトリック教会や敬虔なクリスチャンから激しい批判の嵐が巻き起こることを想定している。そこで同社は、否定的な反応を和らげるための試みとして、著名なキリスト教指導者が「ダ・ヴィンチ・コード」への疑問などを書いたエッセイを掲載する特別サイトを主催することとした。

この特別サイト「TheDavinciChallenge.com」は映画公開の数週間前に立ち上げられ、40人以上のキリスト教徒作家や学者、福音主義団体の指導者などによるエッセイが掲載される予定だ。「ダ・ヴィンチ・コード」はローマ・カトリック教会はイエス・キリストの神性について、2000年にわたって共同謀議を図っているというテーマで書かれており、キリスト教会ではこのことが、キリスト教徒の信仰心を弱めるのではないかと懸念している。

自分の所属教会の主任牧師も「ダ・ヴィンチ・コード」に反論する小冊子をものしていたと記憶するが、自分はまだ入手していない。このサイトに彼も稿を寄せるのか定かではないが、このような動きは見守って行く価値があると思う。


上記のような観点から眺めた時に、今回の訴訟の報は、自分にとっては(表現は悪いが)「目くそ鼻くそを嗤う」といった感を引き起こした。しかし同時に、これは古代に関する学問が、一部少数の古代史愛好家の娯楽の域内に留まらず、現代世界に商業性を通じて、強いメッセージを発してしまう、一事例として興味深く思えるので、一宗教研究者として、この場に取り上げたかったのである。

kutsulog ← この記事を読んでよかったと思われたら、ぽちっと押して頂けると嬉しいです。


古典古代史&西洋古典&古代地中海世界にトラックバックしています。
Powered by TrackbackPeople

| 時事論評 | 20:37 | comments(6) | trackbacks(1)



CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
LICENSE
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
LINKS
タグ検索
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
古代ローマの来世観
古代ローマの来世観 (JUGEMレビュー »)
フランツ・ヴァレリ・マリ キュモン
RECOMMEND
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上)
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上) (JUGEMレビュー »)
キース・ホプキンズ,小堀 馨子,中西 恭子,本村 凌二
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
提携サイト


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
小堀馨子の他の運営サイト
カウンター
あなたは累計
人目の訪問者です。

(本日は番目のアクセスです。 また昨日は人のご来場者がありました)

SPONSORED LINKS
モバイル
qrcode
PROFILE