小堀馨子のブログ

古代ローマ宗教研究者でロンドン大学にて博士論文執筆中の小堀馨子のブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -



[会合報告]日本ギリシャ協会セミナー(6月3日)
JUGEMテーマ:学問・学校

過日の記事でお伝えした日本ギリシャ協会のセミナーに出席しました。

2009年6月3日(水) 如水会館3階 松風の間

18:15〜19:00 サロンセミナー(久保正彰理事)


久保正彰先生は現在日本学士院の院長ですが、
東大西洋古典学を支えて来られた重鎮の先生です。

この日のお話は、先生が二十代前半で初めて古代シチリアの劇場に
立たれた時の話から始まりました。

続きを読む >>
| 学会・研究会・セミナー報告 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0)



[研究会報告]古代史の会5月定例会(5月29日)
JUGEMテーマ:学問・学校

5月22日の記事で予告した古代史の会五月定例会の報告です。

古代史の会5月定例会

日時:5月29日(金) 午後6:00より

場所:東京大学本郷キャンパス内
山上会館 2階203会議室

報告:Nathan T. Arrington

"TOPOGRAPHIC SEMANTICS: THE LOCATION, EXPERIENCE,
AND SIGNIFICANCE OF THE ATHENIAN PUBLIC CEMETERY"

この学会に出席した時の個人的感想は 続きを読む へどうぞ。

続きを読む >>
| 学会・研究会・セミナー報告 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0)



[学会報告]国際比較神話学会(5月23日-24日)
JUGEMテーマ:学問・学校

第3回国際比較神話学会議:国際比較神話学会
(International Association for Comparative Mythology)

開催日:2009年5月23日(土)、24日(日)
場所:國學院大學学術メディアセンター
渋谷キャンパス 〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28

詳細は 5月9日の記事 参照


この学会に出席した時の個人的感想は 続きを読む へどうぞ。

続きを読む >>
| 学会・研究会・セミナー報告 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0)



[研究会報告]宗教史学研究所 第49回研究会(5月16日)
JUGEMテーマ:学問・学校

5月2日の記事http://keiko69.jugem.jp/?eid=152)で予告した
宗教史学研究所 第49回研究会 に出席した。

所用で、鶴岡氏の 「ミシェル・ド・セルトーの<宗教史>理解」 
という最後の発表しか聴くことができなかったが、よい刺激を受けた。

今日の発表は論文集の原稿であるという話だったので、
詳細は論集が刊行されたら読んで頂くのが一番かも知れない。

というのは、自分の力量では現時点では議論をまとめ切ることが出来ないので
誤読した結果をここに書くことになるかもしれない怖れを感じるからである。

ただ、多少神学的な立場からではあるが、「宗教史」は
過去を過去のものとしつつ、埋没させないという意味で、
宗教史を歴史的に叙述すること自体が、宗教史の一頁を開くことになる
という点には強い印象を受けた。

大切なのはとにかく研究者が言葉を綴ること(historiographie)である、
というのが、ミシェル・ド・セルトーの主張であった。


自分自身の学問の在り方に関しても、
ナイフを心臓の真上に置かれたような気がする発表であると自分は感じた。

専門分野研究者でありながら、自分の専門分野の解体を叫ばざるを得ない
という、歴史学や哲学と言った他分野の伝統的な権威がある
従ってその権威の上に胡坐を掻いても生き延びることが可能である分野とは
かなり異なったスタンスを取らざるを得ないことを、改めて自覚させられた。

その学問の特質を全て引き受けた上で、自分は宗教学者と言えるだろう。

それを自分が引き受けた研究者としての生を全うできるのか、
途中で梯子を降りてしまうかは、現時点では何とも言えないが、
それでも今は、その険しい道を、改めて明確に指し示された思いだった。

| 学会・研究会・セミナー報告 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0)



[研究会報告]古代史の会 四月定例会(4月24日)
JUGEMテーマ:学問・学校

4月5日の記事で情報掲載をしておいた古代史の会四月定例会に出席した。

古代史の会4月定例会

日時:4月24日(金) 午後6:00より
場所:東京大学本郷キャンパス内
山上会館 地階002会議室

報告:中川亜希

「古代ローマ帝国における、皇帝像と地方名望家像
−北イタリアの都市参事会決議に見られる徳を通して−」


個人的感想は 続きを読む へ

続きを読む >>
| 学会・研究会・セミナー報告 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0)



[研究会報告]日本聖書学研究所四月例会(4月20日)
JUGEMテーマ:学問・学校

日本聖書学研究所四月例会に出席した。

日時:4月20日(月)17時から20時
場所:日本聖書神学校202号室

【旧約】
三津間 康幸 会員
「セレウコス朝時代およびアルシャク朝時代のバビロンにおける
『生命のための供犠』『儀式のための供犠』および類似の供犠」

【新約】
三浦望 所員
「ヨハネ福音書における神殿モティーフとその意味」


個人的感想は 続きを読む へ

続きを読む >>
| 学会・研究会・セミナー報告 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0)



[研究会報告]2009年度 歴研大会準備報告会 (4月18日)
JUGEMテーマ:学問・学校

今日は4月16日の記事に情報掲載した歴研の準備報告会があったので前半だけ出席した。
当日(5月23・24日)は別の学会と重なって行けないので、
せめて準備会だけでも出て、古代史関係のお話を特に伺いたかったからだ。


2009年度 歴史学研究会大会 準備報告会
西洋古代史・ヨーロッパ中近世史合同部会

日時:2009年4月18日(土)午後12:30〜16:30
場所:早稲田大学 大隈会館 (20号館)2F N202会議室

「刻まれるメッセージ,読み解かれるメッセージ―歴史資料としての石碑と遺跡―」

師尾晶子
「古代ギリシャの石碑―関連性の記憶と記憶の共有―」

中川亜希
「古代ローマのモニュメントとしての石碑―権力と、記憶を刻むという名誉 ―」



個人的感想は 続きを読む へ

続きを読む >>
| 学会・研究会・セミナー報告 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0)



[学会]第二回日欧古代地中海世界コロキアム(三日目)(3月29日)
JUGEMテーマ:学問・学校


3月29日には、第二回日欧古代地中海世界コロキアムの最終日が
引き続き東大本郷キャンパスの山上会館で行われた。


The Second Euro-Japanese Colloquium of the Ancient Mediterranean World
“SOCIAL NORMS and PUBLIC SPHERE”

Venue: The University of Tokyo (Sanjo Conference Hall)
Date: 27th to 29th March 2009


29th. SUN.

9.50- IKEGUCHI, Mamoru (Beppu) Zooarchaeology and Meat Consumption in Roman Italy (Comment: SINGOR)
10.50- RIZAKIS, Athanasios (KERA, Athens) The Greek ruling “class” between loyalty to Rome and love of country.
A model for establishing world dominion. (Comment: HASEGAWA)

11.50- LUNCH

12.50- TANAKA, Hajime (Tokyo) Libanius' Pro Templis (Or. XXX): Is It Really a Religious Propaganda? (Comment: ROUECHE)
13.50- ROUECHE, Charlotte (KCL) Reading the City through the Archaeological Record: Benefits and Dangers
(Comment: INOUE)

14.50- TEA

15.20- URANO, Satoshi (Rikkyo) A Hypothesis on the Inheritance in the Apionic oikoi : who were diadochoi and prosopa?
(Comment: ROUECHE)
16.20- SAKURAI, Mariko (Tokyo) MORGAN, Catherine (BSA) Closing Speeches

18.00- Farewell party (Open, at Sanjo Conference Hall)

Commentators:
   INOUE, H. (Tokai), HASEGAWA, Takeo (Kamakura Women’s Uni.),
   ITO, Sadao (Tokyo), MOROO, Akiko (Chiba University of Commerce),
   NAKAI, Yoshiaki (Doshisha), TAKABATAKE, Sumio (Toyo)


個人的感想は 続きを読む へ

続きを読む >>
| 学会・研究会・セミナー報告 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0)



[学会]第二回日欧古代地中海世界コロキアム(二日目)(3月28日)
JUGEMテーマ:学問・学校

3月28日には、第二回日欧古代地中海世界コロキアムの二日目が
引き続き東大本郷キャンパスの山上会館で行われた。

The Second Euro-Japanese Colloquium of the Ancient Mediterranean World
“SOCIAL NORMS and PUBLIC SPHERE”

Venue: The University of Tokyo (Sanjo Conference Hall)
Date: 27th to 29th March 2009


28th. SAT.

9.50- KURIHARA, Asako (Osaka) graphai idiai : a sense of community in Athenian Public Prosecution (Comment: PITT)
10.50- JACQMIN, Claire (Temple) Social Norms and Public Sphere: Marriage to Inferiors (Comment: SAKURAI)

11.50- LUNCH

12.50- SATO, Noboru Out-of-Court Settlement and Public Opinion in Democratic Athens (Comment: DAVIES)
13.50- BOWDEN, Hugh (KCL) Nameless Gods: Mystery Cults, Myth, Ritual and Greek Polis Religion (Comment: TAKABATAKE)

14.50- TEA

15.20- MATSUBARA, Toshibumi (Waseda) ‘Out of Many, One’? An Aspect of the Public Role of Roman Historiography
(Comment: RIZAKIS)
16.20- PITT, Robert (BSA) Guarantors in Greek Building Projects: Private Security for Public Works’ (Comment: MOROO)


個人的感想は 続きを読む へ

続きを読む >>
| 学会・研究会・セミナー報告 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0)



[学会]第二回日欧古代地中海世界コロキアム(一日目)(3月27日)
JUGEMテーマ:学問・学校

3月27日には、第二回日欧古代地中海世界コロキアムの一日目が
東大本郷キャンパスの山上会館で行われた。

The Second Euro-Japanese Colloquium of the Ancient Mediterranean World
“SOCIAL NORMS and PUBLIC SPHERE”

Venue: The University of Tokyo (Sanjo Conference Hall)
Date: 27th to 29th March 2009

Organizers: SAKURAI, Mariko (Tokyo, emeritus professor)
MORGAN, Catherine (BSA, director)
HASHIBA, Yuzuru (Tokyo, associate professor)


26th. THU.

18.00- Welcome Party (Closed, at Sanjo Conference Hall)

27th. FRI.

10.00- HASHIBA, Yuzuru (Tokyo) Welcome and Opening Remark
10.30- MORGAN, Catherine (BSA) Why build 'temples' in Early Greek sanctuaries? (Comment: SAKURAI)
11.30- NAGAO, Misato (Nagoya) Some perspectives from the altars in the Delian sanctuary of Apollo (Comment: MORGAN)

12.30- LUNCH

13.30- SINGOR, Henk (Leiden) The Hippies of Classical Sparta: a special case of social norms and public space
(Comment: NAKAI)
14.30- UENO, Shinya (Otsuma Women’s Univ.) Towards a Historical Interpretation of Isocrates' Panathenaicus (Comment: BOWDEN)

15.30- TEA

16.30- DAVIES, John (Liverpool) Was the Greek oikos a public institution? (Commnet: ITO)


個人的感想は 続きを読む

続きを読む >>
| 学会・研究会・セミナー報告 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0)



CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
LICENSE
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
LINKS
タグ検索
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
古代ローマの来世観
古代ローマの来世観 (JUGEMレビュー »)
フランツ・ヴァレリ・マリ キュモン
RECOMMEND
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上)
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上) (JUGEMレビュー »)
キース・ホプキンズ,小堀 馨子,中西 恭子,本村 凌二
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
提携サイト


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
小堀馨子の他の運営サイト
カウンター
あなたは累計
人目の訪問者です。

(本日は番目のアクセスです。 また昨日は人のご来場者がありました)

SPONSORED LINKS
モバイル
qrcode
PROFILE