小堀馨子のブログ

古代ローマ宗教研究者でロンドン大学にて博士論文執筆中の小堀馨子のブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -



日記(6.6.06) 「ダ・ヴィンチ・コード」読後感
おてんき

最近、邦訳で「ダ・ヴィンチ・コード」を読了した。以前、作者ダン・ブラウンが、英国の二人の学者に盗作疑惑で訴訟を起こされた時に、その報に接して、このブログに記事を書いた。

http://keiko69.jugem.jp/?eid=17

研究者としての自分にとってはそれで十分だった。

しかし、一信仰者としての自分は、今回読了後にやはりある危惧を覚えた。それでその危惧を読者の方に分かち合いたいという心を覚え、信仰者としてのブログの方に一つ記事を書いた。

http://gracekeiko.jugem.jp/?eid=125


上記の記事を書き終わってみて、改めて研究者としての自分の立場でものを考えてみた。するとやはり結論は、以前にこのブログで書いたことと同じである。

「トンデモ本は、トンデモ本だと理解された上で、楽しんで消費されればよい。トンデモ本が、トンデモ本としてではなく、どの立場の人であれ、真実だと思い込まれて消費される時にのみ、それは危険である」と。

そういう意味で、本書は「小説=フィクション」という前提で提示されている分だけ、「研究書=学問的に真実に近づこうと探求している書」という体裁を取りつつ、トンデモ説を垂れ流す諸書よりは性質が悪くなかったかもしれない。


ローマ史家の間では、塩野七生「ローマ人の物語」も、悪評が絶えない。彼女は史料を大層よく調べて書いている。しかし、「塩野史観」が色濃く存在し、たとえ史料に基づいていようとも、その史料の解釈という点で、ある特定の立場以上を表明し得ないのは否定しようもない。それは時に既存の学問的解釈とぶつかる。そして彼女が自分の著作を「歴史小説」ではなく「史書」の位置まで高めて提示しようとしている姿勢が、ちらりと垣間見える時には、自分も彼女の姿勢に対して一抹の危惧を抱かないわけではない。

しかし、正直言って自分は、彼女の著作に猛然と反駁するような一部の厳格なローマ史家たちとは見解を同じうしていない。勿論、個人的には彼女の異常なカエサル贔屓には反感があるが、自分がカエサル研究者ではないせいか、自分はその違いはお互いの嗜好というレベルの問題であって、大事ではないと思っている。全体としては、私は彼女の著作を歓迎している。彼女の著作を通して少しでも古代ローマ世界の魅力を知ってくれる人が増えてくれればよいと思うのである。彼女の著作が引き金になって、古代ローマへの探究心が芽生え、さらに翻訳でよいから古典著作を読みたい、あるいは原史料に何となくあたってみたい、という人が出てきてくれれば、ローマ宗教史研究者としては実に嬉しい限りである。


こうしてみると、自分が塩野氏の著作の時より、「ダ・ヴィンチ・コード」に対して一層大きな危惧感を覚えているのは、それがキリスト教という現在も生きて活動して世界に大きな影響力を及ぼしている潮流と密接に、あるいは付言すれば「敵対的に密接に」関わっている事物であるからだろう。古代ローマに関しては、古代ローマの宗教、もしくは古代ローマ的価値観を、自分の命を掛けて信じるような者は、皆無とは言わないまでもほぼいないに等しい。古代ローマは楽しむ対象ではあっても、命を掛けて信じるような対象ではない。勿論、一信徒としては「ダ・ヴィンチ・コード」の社会的影響力に危惧を覚える。しかし、一研究者として、学問的観点からこの事態を眺める限り、「トンデモ本の扱いには気をつけましょうね」以上の感慨はわかないというのが正直なところであるし、それ以上には書くべきこともない気がする。



なお、「ダ・ヴィンチ・コード」の史実と虚構の見分けについては、下記のような書籍が類書も含めて既に多く出版されているので、興味のある方はそれを参照して頂きたい。

ダ・ヴィンチ・コード・デコーデッド
「ダ・ヴィンチ・コード・デコーデッド」
  マーティン・ラン, 秋宗 れい

ダ・ヴィンチ・コードの「真実」―本格的解読書決定版
ダ・ヴィンチ・コードの「真実」―本格的解読書決定版
  ダン バースタイン, Dan Burstein, 沖田 樹梨亜

ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く―世界的ベストセラーの知的冒険ガイド
ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く―世界的ベストセラーの知的冒険ガイド
  サイモン コックス, Simon Cox, 東本 貢司

また、ウェブサイトとしては、Yahooの用語集(http://store.yahoo.co.jp/tousen/a5c0a1a6a51.html)を出版された叡智の禁書図書館さんのサイトが、多種多様な情報が盛り込まれているとはいえ、よい参考になろう。

kutsulog ← この記事を読んでよかったと思われたら、ぽちっと押して頂けると嬉しいです。
| 書評・劇評 | 07:56 | comments(14) | trackbacks(3)



シェイクスピア史劇「コリオレイナス」鑑賞@グローブ座
くもり 時々 あめ

昨金曜日の夜、過日に予約したグローブ座のシェイクスピア史劇「コレオレイナス」を観てきた。予習でネットで入手した日本語訳(福田恒存訳)を読んでみたら、シェイクスピアの参照した主な資料はプルタルコスの英雄対比列伝の中の「コリオラヌス」であり、リウィウスは読んでいた可能性はあるが、主な資料ではないことがわかる。プルタルコスはローマ史に関してはリウィウスと同時代人のハリカルナッソスのディオニュシオスのローマの歴史に関する著作を参照してもいる。ここまでの因果関係はわかるのだが、古代史家としては、このエピソードが、ハリカルナッソスのディオニシオスやリウィウスの筆によって文字に残るまでの前段階で、今は散逸してしまった歴史家達にどのように記されてきたのか、という点が興味深く思えるのだが。

それはおいておくとして、現代のグローブ座はシェイクスピア当時のスタイルでの上演を試みる半野外の劇場であり、ロンドン橋よりちょっと下流のテムズ川南岸にある。丁度セントポール寺院の真横から真南に下って、ミレニアムブリッジを渡るとすぐだ。橋の上からは、大都市ロンドンには不似合いな茅葺屋根が見えるので、すぐにそれとわかる。この茅葺屋根は舞台とギャラリーの客席を覆っているが、立ち見の平土間にはない。だから、雨が降ってくれば、観客は持参のビニールレインコートで雨を防ぐしかない。(他の観客の妨げになるので、平土間で傘をさすことは禁じられている。)平土間は観客席であると同時に、そこでも演技が行われる舞台ともなる。平土間から舞台に上る道が上手と下手の双方にあり、日本の歌舞伎の花道を思わせるが、現在の歌舞伎座よりは、ずっと観客と演者が一体となっている感がある。セリフなどでも、台本で「全員」となっている台詞は一部の観客もが唱和して言っていたりして面白い。私の隣に座った中年男性も、時々唱和して言っているので、「この劇に通じているのか?」と聞いてみたが、「そんなわけでもないよ」とのこと。確かに彼は全ての「全員」の台詞で言っていたわけではなかったが、でも、テキストを見ながら観劇した自分とは違って、何も見ないのに唱和できるだけの知識を持っているだけの人ではあるようだ。このような唱和を許す上演のあり方は面白い。

ちなみにグローブ座が開かれるのは、気温の上でも、日の長さの上でも野外観劇が可能になる五月上旬から九月下旬までである。だから昨日は開幕直後だったのだ。天気予報どおり、時々小雨がぱらついた。観客席の最上階最前列に席を取った自分は濡れなかったが、平土間の観客が見事に濡れながら見物を続けるさまを観察することができたのは興味深かった。イギリスは「受容史」というジャンルの研究が盛んだが、こういう劇作品が成立し、今もなお昔のスタイルの再現が試みられているお国柄であるからこそ受容史研究でも最先端を行っているのではないかと考えさせられた。


kutsulog ← この記事を読んでよかったと思われたら、ぽちっと押して頂けると嬉しいです。
| 書評・劇評 | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0)



J・ドミニク・クロッサン
最近少々注目している聖書学者がいる。ジョン・ドミニク・クロッサンだ。

クロッサンの紹介サイト(英語)↓
http://www.westarinstitute.org/Fellows/Crossan/crossan.html


今日、彼が去る5月3日−5日に、東京のニューオータニで開かれた「国際聖書フォーラム2006」で講演をしたことを知った。 (国際聖書フォーラム2006の様子については、YokotaToru氏のブログの報告が参考になる。)

プログラム: http://www.bible.or.jp/common/forum2006/lecturer.html

彼のパウロに関する論説はなかなか鋭いものがある。彼はパウロをギリシャ・ローマの当時の社会・文化・宗教の文脈から新たに捉えなおそうと試みている。勿論、ギリシャ・ローマの社会と噛み合わせて、新約聖書を論じるというスタンスはこの二十数年の傾向であって、その試み自体はそんなに目新しくない。しかし、いくらギリシャ・ローマ社会を考察に入れると言っても、所詮新約聖書の関連資料のみに偏りがちだった今までのパウロ理解に、思い切って古典古代史史料との大胆な比較を試みながら、新しい光を当てようとしている点で、彼の著作は意義深い。また、同時に、これは賛否両論あろうが、世界からある種の顰蹙を買っている現代のアメリカの行き方に関しても、アメリカに生きる者として問い直している、という点で興味深い。(ただ、この同時代性ゆえに、後代に彼の著作の真価が薄くなってしまうことがないとよいのだが。)

彼の近年の著作で面白いのは

In Search Of Paul: How Jesus' Apostle Opposed Rome's Empire With God's Kingdom : A New Vision of Paul's Words World

だろうか。興味ある方は、ご覧になってみることをお勧めする。

kutsulog ← この記事を読んでよかったと思われたら、ぽちっと押して頂けると嬉しいです。
| 書評・劇評 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0)



CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
LICENSE
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
LINKS
タグ検索
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
古代ローマの来世観
古代ローマの来世観 (JUGEMレビュー »)
フランツ・ヴァレリ・マリ キュモン
RECOMMEND
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上)
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上) (JUGEMレビュー »)
キース・ホプキンズ,小堀 馨子,中西 恭子,本村 凌二
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
提携サイト


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
小堀馨子の他の運営サイト
カウンター
あなたは累計
人目の訪問者です。

(本日は番目のアクセスです。 また昨日は人のご来場者がありました)

SPONSORED LINKS
モバイル
qrcode
PROFILE