小堀馨子のブログ

古代ローマ宗教研究者でロンドン大学にて博士論文執筆中の小堀馨子のブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -



[研究会情報]歴史学研究会西洋古代史部会 6月例会
JUGEMテーマ:学問・学校


歴史学研究会西洋古代史部会 6月例会

日時:6月25日(木曜)18時開始

場所:東京大学山上会館(203号会議室)

報告内容: 
阿部衛氏 「タキトゥス『年代記』におけるゲルマニクス像」
内田康太氏 「ローマ共和政末期の上位公職選挙の性格−選挙運動備忘録を中心に−」



| 学会・研究会・セミナー情報&予告 | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0)



[講演情報]古代カルタゴとローマ展 関連講演会(2009年6月13日)
JUGEMテーマ:学問・学校

「古代カルタゴとローマ展」関連講演会

日時: 6月13日(土)15:00-17:00
場所: 東京藝術大学
話者: チュニジア国立文化財研究所所長ファトゥヒ=べジャウィ
題目: 「北アフリカの舗床モザイクについてーモザイクに描かれた
      古代ローマ世界の神話、宗教、日常生活ー」

今月より来年の11月まで日本各地を巡回する「古代カルタゴとローマ展」
(参考:http://www.karutago-roma.jp/) に関連した講演会でした。

この情報が事後掲載になってしまったことをお詫びいたします。

| 学会・研究会・セミナー情報&予告 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0)



[研究会情報]日本聖書学研究所六月例会(6月15日)
JUGEMテーマ:学問・学校

聖書学研究所6月例会

日時:6月15日(月)17時から20時
場所:日本聖書神学校202号室

【旧約】
春田 晴郎氏(ゲスト)
「ゾロアスター教とユダヤ教キリスト教」

【新約】
田中 健三 会員
「ローマ13章1−7における「権威への服従」とは何か」(仮題)

| 学会・研究会・セミナー情報&予告 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0)



[学会情報]日本西洋史学会 第59回大会(6月13日・14日)
JUGEMテーマ:学問・学校

日本西洋史学会 第59回大会

会場:専修大学 生田校舎 9号館・10号館
http://www.soc.nii.ac.jp/jswh/2009/program.html

第1日目 6月13日(土)
東日本/西日本懇談会    11:00 - 11:30     10号館1階ゼミ室101B, 101C
理 事 会           11:30 - 12:30     10号館1階10103教室
受付開始           12:00       10号館1階ホール
大会記念講演       13:30 - 17:00     10号館3階10301教室

世界史における暴力 ―記憶と記録―

「暴力の中世ヨーロッパ」        講師:城戸 毅(東京大学・名)
「近現代史における戦争とその記憶
 ―連続と断絶の相克―」        講師:油井大三郎(東京女子大学)
「〈反テロ戦争〉時代と歴史学」    講師:板垣雄三(東京大学・名)

総  会           17:00 - 17:30     10号館3階10301教室
懇 親 会           18:00 - 20:00     9号館5階アトリウム(予定)


第2日目 6月14日(日)
受付開始           09:00       10号館1階ホール
自由論題報告       09:30 - 12:20     10号館2階・3階

A 古代・中世史部会 09:30-12:20 (10号館3階10302教室)

09:30-10:10
 戸田 聡(一橋大学・兼)
  「カイザリアのエウセビオスのいわゆる『政治神学』をめぐって」
 司 会:大月康弘(一橋大学)

10:10-10:50
 西村昌洋(京都大学・院)
  「テミスティオスの友と敵
    ―四世紀のギリシア知識人とローマ帝国―」
 司 会:後藤篤子(法政大学)



◎ 古代史に関係するのは上記の二つの発表しかないので欠席予定。

| 学会・研究会・セミナー情報&予告 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0)



【訃報】坂部恵先生(2009年6月3日)
JUGEMテーマ:ニュース

日本を代表する哲学者のお一人である、坂部恵 先生が亡くなられた。

詳細は、各種ニュースに出ているので割愛する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090603-00000100-mai-peo

ウィキペディア「坂部恵」の項
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9D%82%E9%83%A8%E6%81%B5

続きを読む >>
| 人(祝辞・記念・訃報・追悼) | 17:20 | comments(3) | trackbacks(0)



[会合報告]日本ギリシャ協会セミナー(6月3日)
JUGEMテーマ:学問・学校

過日の記事でお伝えした日本ギリシャ協会のセミナーに出席しました。

2009年6月3日(水) 如水会館3階 松風の間

18:15〜19:00 サロンセミナー(久保正彰理事)


久保正彰先生は現在日本学士院の院長ですが、
東大西洋古典学を支えて来られた重鎮の先生です。

この日のお話は、先生が二十代前半で初めて古代シチリアの劇場に
立たれた時の話から始まりました。

続きを読む >>
| 学会・研究会・セミナー報告 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0)



[学会情報]「宗教と社会」学会 第17回学術大会(6月6日・7日)
JUGEMテーマ:学問・学校

「宗教と社会」学会第17回学術大会

開催日:2009年6月6日(土)、7日(日)
場所:創価大学

http://jasrs.seesaa.net/

プログラム: http://jasrs.up.seesaa.net/image/A5D7A5EDA5B0A5E9A5E0.pdf

日程:
6月6日(土)
  10:30〜 常任委員会(A棟8階会議室)
  11:30〜 受付
  13:00〜17:00 個人発表(A324、A325、A326、A327)
  17:20〜18:20 総会(A130)
  19:00〜20:30 懇親会(本部棟13階レストラン )

6月7日(日)
  9:00〜 受付
  9:30〜12:30 テーマ・セッション(A321、A329)
  12:30〜13:20 昼食(A306:弁当配布場所、A307)
  12:30〜13:20 常任委員会(A棟8階会議室)
  12:30〜13:20 編集委員会(A125)
  14:00〜17:00 テーマ・セッション(A321、A329)

6月6日の個人発表は上記プログラムを参照。

6月7日(日)のテーマ・セッション

◆今日のSGI−USA ―“World Propagation”から“World Peace”へ―
【第一会場(A321) 9:30〜12:30】

司 会: 対馬路人(関西学院大学)
発表者:川端 亮(大阪大学)「アメリカSGIの歴史と現在―組織と制度から―」
       稲場圭信(神戸大学)「アメリカ人信者の回心過程
             ―ロフランド=スタークモデルを中心に―」
       秋庭 裕(大阪府立大学)「日蓮の21世紀―その受容の可能性―」
コメンテーター:中野 毅(創価大学)/ 中牧弘允(国立民族学博物館)


◆教育資源としての<宗教文化>―宗教文化教育はどんな学問領域に関わるか?―
【第一会場(A321) 14:00〜17:00】

企画者・司会: 井上順孝(国学院大学)
発表者:    野原佳代子(東京工業大学) 「言語学、翻訳理論の立場から」
           平藤喜久子(国学院大学) 「神話学の立場から」
           牧野淳司(明治大学) 「中世文学の立場から」
           山田岳晴(国学院大学) 「建築学の立場から」
コメンテーター:岩井 洋(帝塚山大学)


◆書評セッション:カルト/スピリチュアリティ/現代宗教の把握
―藤田庄市著『宗教事件の内側』、櫻井義秀編『カルトとスピリチュアリティ』を題材に―
【第二会場(A329) 9:30〜12:30】

企画者: 葛西賢太(宗教情報センター)
司 会:    弓山達也(大正大学)
コメンテーター:吉永進一(舞鶴工業高等専門学校)
        岩田文昭(大阪教育大学)
        塚田穂高(東京大学大学院)
        編著者からのリプライ:藤田庄市(フォトジャーナリスト)
            / 櫻井義秀(北海道大学)


◆「民衆宗教」研究の新展開(2)―「民衆宗教」とフェミニズムの対話―
【第二会場(A329) 14:00〜17:00】

企画・司会:熊田一雄(愛知学院大学)
発表者:  信田さよ子(原宿カウンセリングセンター)「日本の精神科医療の男性中心主義」
         熊田一雄(愛知学院大学) 「天理教教祖は強い父の夢を見たか?
             ―宗教界と宗教学の共犯関係―」
         渡辺順一(金光教羽曳野教会)「救いの場のジェンダーとセクシュアリティ
             ―非対称的な親密性の発生をめぐって―」
         菱木政晴(同朋大学) 「『いのち』教とフェミニズム」
コメンテーター:島薗 進(東京大学)


◎ 本大会の7日午後の宗教文化教育のセッションに個人的興味があるので参加予定。

| 学会・研究会・セミナー情報&予告 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0)



[学会情報]西洋古典学会(6月6日・7日)
JUGEMテーマ:学問・学校

日本西洋古典学会 第60回大会(2009年)於 一橋大学

プログラム: http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/classics/CSJ/am&sum/am60.pdf

第1日 6月6日(土)

午前の部(10:00-11:35)(研究発表30 分 質疑応答15 分)

研究発表

吉川 斉(東京大学大学院) (10:00-10:45)
    『修辞学初等教程』Progymnasmata における寓話論について

佐野光宜(京都大学非常勤講師) (10:50-11:35)
    帝政前期ヒスパニアにおける剣闘士競技

※欧文誌編集委員会(第1 講義棟1 階103 ゼミ室)

午後の部(1:00?5:50)

高木酉子(朝日大学非常勤講師) (1:00-1:45)
    ピュタゴラス派アルキュタスの音階論

保坂高殿(千葉大学教授) (1:50-2:35)
    エウセビオス『コンスタンティヌスの生涯』の真偽性とその編集意図
    -『テオドシウス法典』(CT)第16 巻との比較から?

シンポジウム「文字の力」 (2:50-5:50)

 報告者:
   納富信留(慶應義塾大学)・師尾晶子(千葉商科大学)・高橋宏幸(京都大学)

 コメンテーター:
   金山弥平(名古屋大学)・周藤芳幸(名古屋大学)・小川正廣(名古屋大学)

※懇親会(6:30- )

    マーキュリーホール(東キャンパス、マーキュリータワー7 階)
    (会費 5000 円 学部・大学院生3000 円)
    (付記 委員会は6 月5 日午後5 時より、
    東キャンパス国際研究館5 階ML 会議室にて行います)

第2日 6月7日(日)

午前の部(9:30-11:40)

研究発表

中川亜希(日本学術振興会特別研究員) (9:30-10:15)
    古代ローマ帝国における、皇帝像と地方名望家像
    ―北イタリアの都市参事会決議に見られる徳を通して?

※総会(10:20-10:50)

吉沢一也(大阪体育大学非常勤講師) (10:55-11:40)
    プラトン『国家』における国家と魂のアナロジー再考

※書評委員会(103、104、105 ゼミ室)

午後の部(1:30-4:45)

渡邉顕彦(カリフォルニア大デイヴィス校助教) (1:30-2:15)
    The New Palladas? ?パピルス写本P.CtYBR 4000 について?

土谷志帆(北海道大学大学院) (2:20-3:05)
    アリストテレスの「思慮ある人」における人格的および
    認知的卓越性の関連

長谷川岳男(鎌倉女子大学准教授) (3:10-3:55)
    古典期スパルタにおける公と私?ポリス論再考?

桜井万里子(東京大学名誉教授) (4:00-4:45)
    オルフェウスの秘儀とアテナイ
    -デルヴェニ・パピルス文書を手掛かりに‐

※編集委員会(5:00-7:00)(第1 講義棟1 階103 ゼミ室)


◎ 個人的には一日目全部と二日目の午前中のみ参加予定。
  二日目の午後は、別項に掲げた「宗教と社会」学会のセッションに参加予定。

| 学会・研究会・セミナー情報&予告 | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0)



[会合情報]日本ギリシャ協会セミナー(6月3日)
JUGEMテーマ:学問・学校

日本ギリシャ協会

2009年6月3日(水) 如水会館3階 松風の間

17:30 受付開始
18:00〜18:15 総会
18:15〜19:00 サロンセミナー(久保正彰理事)
19:00〜20:30 懇親会

日本ギリシャ協会の総会に付随するサロンセミナーで
西洋古典学会の重鎮で、学士院賞を先年受賞された
久保正彰先生がお話をなさいます。

ギリシャやそれに関連ある分野に興味がある方は誰でも出席できますが
出席すると年会費5000円を納めることになるらしいです。

それでもご興味のある方のために、情報だけ掲載しておきます。

| 学会・研究会・セミナー情報&予告 | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0)



[研究会報告]古代史の会5月定例会(5月29日)
JUGEMテーマ:学問・学校

5月22日の記事で予告した古代史の会五月定例会の報告です。

古代史の会5月定例会

日時:5月29日(金) 午後6:00より

場所:東京大学本郷キャンパス内
山上会館 2階203会議室

報告:Nathan T. Arrington

"TOPOGRAPHIC SEMANTICS: THE LOCATION, EXPERIENCE,
AND SIGNIFICANCE OF THE ATHENIAN PUBLIC CEMETERY"

この学会に出席した時の個人的感想は 続きを読む へどうぞ。

続きを読む >>
| 学会・研究会・セミナー報告 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0)



CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
LICENSE
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
LINKS
タグ検索
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
古代ローマの来世観
古代ローマの来世観 (JUGEMレビュー »)
フランツ・ヴァレリ・マリ キュモン
RECOMMEND
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上)
神々にあふれる世界―古代ローマ宗教史探訪 (上) (JUGEMレビュー »)
キース・ホプキンズ,小堀 馨子,中西 恭子,本村 凌二
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
提携サイト


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
小堀馨子の他の運営サイト
カウンター
あなたは累計
人目の訪問者です。

(本日は番目のアクセスです。 また昨日は人のご来場者がありました)

SPONSORED LINKS
モバイル
qrcode
PROFILE